記事

エクセルのマクロに挑戦!

マクロを使うと、パソコンの使い勝手がとても広がります。
エクセルを単に表計算だけに使っている方は、本当にもったいないですよ。
ここではマクロの使い方をご紹介します。

1.準備
【「Visual Basic」の追加】
エクセルのツールバーのどこでもいいので、右クリックします。
ショートカットメニューが表示されますので「Visual Basic」を選択します。

2.マクロの作成
さあ、いよいよ作ります。
【ファイルを開くマクロの作成】
(使うことが多いので便利です)
「○」が描かれているエクセルの「マクロの記録」ボタンをクリックします。
(実際に画面を立ち上げて確認してみましょう)
ダイアログボックスが開かれるので「マクロ名」に「ファイルを開く」というようにわかる名称を付けます。
たくさん作ると区別が付きにくくなるので命名のルールを決めておくといいですね。
マクロ名を入力しましたか。
ここまでは通常のエクセル操作と大差なく簡単ですね。
「説明」にどんなマクロを作成するのか説明を記入します。
 ↓
「OK」ボタンを押します。
 ↓
「記録の終了」ボタンが表示されます。

3.マクロの自動記録
いよいよここからがエクセルの本領発揮です。
ファイルを開く作業の内容をマクロに自動記録する
 ↓
適当なファイルを開きます
 ↓
「記録終了」ボタンを押下します

※「ツール」→「マクロ(の記録)」→「記録終了」でも同様の処理です。
パソコンやエクセルのようなソフトでは、同じことをするのでも複数の操作方法がありますので、使いやすい方法を覚えてください。 ここで「記録終了」をしないと、それ以降の作業全てマクロに記録されてしまいますので注意してください。
ここまで、できたでしょうか。

4.マクロの実行
さあ、結果がわかります。
先ほどマクロを記録するために開いたファイルを閉じます。
(右上の×印をクリックしてください)
 ↓
マクロの実行ボタンを押下します。
(さあ、結果がわかります)
(「ツール」→「マクロ」→「マクロ」でも同様の処理です。
やりやすい方でかまいません)
 ↓
マクロ名「ファイルを開く用」を選択したら、「実行」ボタンを押下します。
(エクセルの威力を実感しますよ)
 ↓
マクロが実行されてファイルが開かれることを確認しましょう。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ 基本的な使い方