記事

エクセルのマクロって何だろう?

エクセルを使っている人ならば「マクロ」という言葉を聞いたことがあると思います。
しかし、使いこなせている人は少ないのではないでしょうか。
エクセルマクロが、いったいどういったものか知っているでしょうか?
ひとことで言うと、計算処理を自動化して簡単に処理してしまう便利な機能のことです。

日頃、エクセルを使っている人ほど、「同じ処理何回もしたくないなあ」「面倒だなあ」「もっと簡単にできないかなあ」と思うことがあるのではないでしょうか。しようがないから、同じ処理や面倒な計算を何度も繰り返して作業しているケースがあると思います。
しかし、それって、せっかくパソコンを使ってるのに、おかしいと思いませんか?
そんな方にこそ、エクセルマクロを使ってほしいのです。いままで苦労して作業していたのが、簡単に処理できるようになります。
しかし、そう言われて、何のことか今はわかりませんよね。 以下に例を挙げますので、イメージを掴んでください。

数字が「a100 b200 c300 400 d500 ........」というように1000個くらい並んでいるものとします。セルの中に英数字が混在している文字列と、混在していない文字列(数字のみ)がある場合、ということです。
この状態からアルファベットをすべて取り除いて、数字だけにしたいというケースではどうしたらいいでしょうか。手作業で1000個すべてのアルファベットを削除してもいいのですが、時間がかかります。何度も同じ処理をしなければならず、ミスをする危険性の高まります。

そんなとき、エクセルのマクロでこの処理を組んでしまえば、いとも簡単にでききてしまうのです。
実際にその様子を目にすると感動しますよ。
マクロの自動記録機能を使ったり、プログラムを修正したりする必要はあります。
ある程度の手間は、もちろんかかります。
しかし、一度マクロを作っておけば、あとは実行処理をするだけで、今まで一日がかりだったような仕事も一瞬で終わるようになります。
体験してみると、その便利さが実感できます。
こういった便利な機能がエクセルマクロなのです。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ エクセルのマクロとは