記事

エクセルのマクロを作ってみよう

エクセルをあまり使ったことがない人は、表計算はもちろん、マクロと聞いただけでも敬遠してしまうかもしれません。
知らないことは、難しく感じるものです。
しかし、大丈夫です。慣れれば誰でもマクロは使えるようになりますよ。
パソコン操作もはじめは難しく感じたと思いますが、今は普通に使っていますよね。それと同じことです。
まず手始めに簡単なマクロをご紹介しますので一緒に作ってみましょう。
意外と簡単にできます。

【例題】
ワークシート上にあるコマンドボタンを押し、「マクロ完成!!」というメッセージを出力しましょう。
「えっ!? そんなことがエクセルでできるの?」と思った人も多いでしょうね。

上の例題はメッセージを出すだけという、比較的簡単なマクロですが、知っておくと便利です。
使える場面が、けっこうありますよ
使いこなしたいエクセルのマクロです。このメッセージ部分を変えるだけでいろんな事に使えるようになります。

【作成方法】
1.ワークシート上にコマンドボタンを作成する
・コマンドボタンを置きたいエクセルファイルを開きます。
 ↓
・メニュー→「表示」→「ツールバー」→「コントロールツールボックス」→「コマンドボタン」を選択します。
 ↓
・コマンドボタンを配置したい場所に配置します。(このときコマンドボタン上には「CommandButton1」と表示されているはずです。

2.コマンドボタンのプロパティの変更
・コマンドボタンの表示名を「実行」に変えてみましょう。
「プロパティ」→「Caption」の所を「実行」に変更します。(これでエクセルのボタンの見た目は「実行」に変わります。)
 ↓
・実行するマクロを指定します。
「プロパティ」→「オブジェクト名」のところを「cmd実行」に変更します。

3.プログラム(マクロ)を記入してみましょう。
・ワークシート上の「実行」ボタンをダブルクリックすると、Visual Basic Editor(VBE)が開きます。
このときEditor上にはSheet1(Sheet1)に「cmd実行_Click」という名前で空のプロシージャが作成されています。
・Option Explicit
Private Sub cmd実行_Click()
msgbox  "マクロ完成!!"
End Sub
 ↓
・ツールボックス→「デザインモードの終了」でプログラム作成終了です。

4.マクロの実行
・「ファイル」→「終了してマイクロソフトエクセルに戻る」でワークシートの画面に戻る。
 ↓
・画面上の「実行」ボタンをクリックしてみてください。ここで「マクロ完成!!」というメッセージボックスが出たら成功です。

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ エクセルのマクロの作り方