記事

エクセルマクロは本当に必要?

エクセルのマクロを一度目にすれば、その便利さが実感できるはずです。
たとえば、ファイルの1シートにデータを作成しておき、ボタンをひとつ押すだけで何通もの請求書を作成することも可能です。たいへん便利です。複雑な処理が、一瞬で終わってしまうのですから。しかし、単にデータを計算してそのデータを印刷するだけであれば、エクセルのマクロの必要はありません。

シート間の参照式で済むかもしれませんし、そもそも1回使うだけの資料なら考え物です。
そのあたりはよく考える必要があります。
何度もやる必要のある仕事であればマクロが有効です。しかし、1回だけとなると考え物です。
そういった点は基本的なことですので、注意が必要です。
1回の作業のためにマクロを組むのが本当にいいのか、仕事の中身をよく考える必要があります。
仕事の経済性というか、コストパフォーマンスもよく考えましょう。
マクロを実行するだけなのなら難しいことはないのですが、作成する労力と考えると少し大変になりますよね。
エクセルを使えるからといって、かえって遠回りになってしまいます。
このようにマクロを使用することが必ずしも作業を効率化するとは限らないということになります。
そういった基本は勘違いしないようにしましょう。

また、エクセルのマクロはVBAとは異なります。
マイクロソフト独自のプログラムというか、よくわからない部分も正直あります。
エクセル独自の特殊性もあるのでトラブルがあった時に時間をものすごく必要としたり動作環境などによっては動かなかったりと色々弊害も多くあるかと思います。
もっとも、そういったことにぶつかるのは、ある程度上級なことをやろうとした場合が多いのですが。
まずは、マクロを簡単なところから使ってみて、慣れてきたところで大掛かりなものを作成して使ってみるといった流れでやっていってはどうでしょうか?
できることからはじめてみましょう。
マクロに関するサイトをご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
・www.kotaete-net.net 答えてねっと
・www.moug.net モーグ 

このカテゴリの記事一覧へ戻る ⇒ おすすめサイト